Service

独自のサービスデザインで
結果を生むメソッドを創造する

マーケティングをリデザインする

ビジネスにおいて課題感のある箇所をヒアリングし、経営戦略の策定からご相談可能です。
本質的な課題を見つけ出すところから、ビジネスに直結するポイントを作り出し、改善を繰り返しながら運用していくフェーズまで、mtc. では全てのステップでそれぞれのプロフェッショナルがサポートします。
継続的なビジネスの成長を支えるコンサルティングで、確実に成果を出していきます。

  1. step1

    マーケティング戦略

    企業として今後このブランドをどうしていきたいのか、どのように顧客とコミュニケーションを取っていきたいのかを再確認し、関わるメンバーが全員で統一した意識を持った上で進めていきます。

  2. step2

    デザインリサーチ

    ユーザーへのインタビューやワークショップを通して、顧客が本当に求めている体験や価値を見つけていきます。プランナーが身勝手に唱えた「根拠なき仮説」に基づいた施策は意味がありません。mtc.はデザインリサーチのステップを重視しており、社内の専任資格保持者が進行していきます。

  3. step3

    アイディエーション

    ビジネスに接続するポイントを見つけていくアイディア出しの段階です。 アイディエーションのステップを徹底しておくことで、この先にあるPDCAの段階で数字が思うように伸びないなど問題が発生した場合にもリカバリーが早く損失を最小限に抑えられます。

  4. step4

    コミュニケーション戦略

    アイディエーションの段階で出たものをプロタイプとしてビジネスに落とし込んでいきながら、ユーザーの欲求を満たすために必要なコミュニケーションを見つけていきます。

  5. step5

    クリエイティブ制作

    ユーザーとのコミュニケーションに必要なツールとしてウェブサイトがあればウェブサイトを、店舗配布のサンプルが必要ならサンプルのパッケージを、必要に応じて手がけていきます。

  6. step6

    PDCA

    実際の業務を回しながら改善を繰り返していくフェーズです。ここまでの各ステップを、案件に関わる全メンバーが共通認識として持っているので、PDCAのスピードが早く、結果として数字につながる状態になっていきます。

CASE STUDY 実際のクライアントワーク例 A社様の場合

マーケティング・コンサルティングを外部の業者に依頼して、
何をしているのかが掴めない場合や、成果が分かりづらいなどの問題にぶつかったことはありませんか?
mtc.は基本的なマーケティングの知識やノウハウはもちろん、
独自に開発したメソッドで確かな成果を生み出してきました。一部をご紹介します。

step1

コミュニケーショングランドデザイン

ユーザーリサーチやワークショップを通して、顧客がどのようなコミニュケーションを求めているかを確認し、全体の方向性を見つけ出していきます。

Method

8 STEP FLAME
(8ステップのフレームワーク)*

8ステップフレームワーク
step2

コミュニケーション戦略

全ての顧客をもれなくマッピングし、コミュニケーションの頻度と深度を見直す独自のメソッドを使用。
どのゾーンの顧客にいつ重点的にアプローチを取るべきかを見つけ、実際の施策まで落とし込んでいきます。

Method

Communication
Media_Role/Communication_Map*

Marketing Re:Design Communication
step3

運用/PDCA

ブランドの年間スケジュールを事前に共有いただき、注力していく商材については重点的にお打ち合わせ。
必要があれば撮影にも同席しながら、ウェブ・メール・サンプルなど顧客接点の全方位において運用・改善を行っていきます。

Method

デザインリサーチ・徹底したファクト思考
(FBM:Fact Based Planning️)*

POLAのプロダクト

*印のMethodは、mtc.が独自に開発したマーケティング手法です。

Contact

当社へのご意見・ご要望・ご質問等は、こちらのメールアドレスにてお問い合わせ頂けますようお願いいたします。
※内容や当社の事情等により返信に日時を要する場合もございますので、予めご了承ください。