mtc. Headline

2020年11月26日

代表岡崎がパートナーとして参画するRelic社から「Booster」の一般提供が開始されました

お知らせ
mtc. PR
株式会社Relic(代表取締役CEO 北嶋 貴朗、東京都渋谷区、以下、Relic)は、次世代型マーケティングオートメーション・CRMサービス「Booster」を2020年11月26日から一般提供を開始すると発表しました。

Relic社は、弊社代表岡崎がマーケティングパートナーとして参画しています。

今回一般提供をスタートしたサービス「Booster」は、これまで一部のトライアル導入企業のみに提供されていましたが、LTVを始めとする主要KPIが大幅に向上したという結果を踏まえて、一般提供が開始されることになりました。


■Booster公式サイトのURL
https://relic.co.jp/services/booster/
■報道発表資料本文
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000060.000016318.html


■株式会社Relicについて
Relicは、日本企業の新規事業開発やイノベーション創出を支援する「事業共創カンパニー」です。
上記にて紹介した「Booster」の他、1,300社以上が利用する国内シェアNo.1のSaaS型イノベーションマネジメント・プラットフォーム「Throttle」や、国内シェアNo.1のSaaS型クラウドファンディング・ECサイト構築サービス「ENjiNE」等の「インキュベーションテック事業」に加え、新規事業開発における事業プロデュースやコンサルティング、オープンイノベーション支援、新規事業創出プログラムや社内ベンチャー制度の企画・設計・運営や、事業開発に特化した共創型エンジニアリングサービス「Digital Innovation Studio」など総合的なソリューションを提供しており、大企業~中小・ベンチャー企業まで既に業界トップクラスである2,000社以上の支援実績があります。

Relic社コーポレートサイト:https://relic.co.jp

最新の投稿

一覧を見る

Contact

当社へのご意見・ご要望・ご質問等は、こちらのメールアドレスにてお問い合わせ頂けますようお願いいたします。
※内容や当社の事情等により返信に日時を要する場合もございますので、予めご了承ください。